MENU

即日融資の返済について

「どうしても今日中にお金を借りたい」
このような場面では即日融資対応のキャッシングやカードローンが便利です。
しかしあくまで借金で、借りたお金は利息を含めて返済しなくてはいけません。

 

慌てている場面では、借りることばかりに頭が働き、返済のことをないがしろにしてしまうかもしれません。「返済なんてどうにでもなるだろう」という考えは非常に危険です。急いでいる場合でも、必ず返済についてきちんと考えておくようにしましょう。

 

返済できない場合のペナルティー

万が一キャッシングやカードローンが返済できなくなると、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか。どれも今後の生活にも影響を与えますので、しっかり理解しておきましょう。

 

延滞利息が発生する

返済できなくなると日割りで「延滞利息=遅延損害金」が発生します。
延滞利率は、ほとんどの契約で法律上の上限金利である「20.0%」が適用されます。

 

数日間ではわずかな額かもしれませんが、あっという間に高額に膨れ上がりますので注意しましょう。

 

個人信用情報に事故として登録される

延滞が膨らんでいくと個人信用情報に「延滞」の事故情報が登録されます。
どれだけの延滞で事故として登録されるのかは、会社によって異なります。
月越延滞で登録される先や、2〜3ヶ月の延滞で登録する先もあります。

 

どちらにしても一度事故情報が登録されると、延滞を解消した後でも、その情報は保存されます。その期間は5年〜10年と長期にわたり、この間は他のローンやクレジットカードの審査でも合格できなくなる可能性が高いので注意しましょう。

 

きちんとした返済計画を

返済不能に陥らないようにするには、念密な返済計画は欠かせません。
即日融資を希望するとしても、申込前にはきちんと返済計画を立てておくようにしましょう。
まずは自分の現状の収入と支出を正確に把握するようにしましょう。

 

返済可能金額は基本的に「収入ー支出」の額となります。

この額を超える借入は、いずれは返済不能となりますので決して利用してはいけません。
「将来出世して収入も増えるだろう」という甘い考えでは、短期間で返済できなくなるでしょう。

 

返済計画では、借りたお金に対して利息を含めて毎月どれだけ返済しなくてはいけないのかを正確に知ることも大切です。

 

各社のホームページでは借入金額や金利を入力すると毎月の返済額を計算できるシュミレーションツールが準備されていますので活用しましょう。ただし適用金利は審査結果により左右されます。シュミレーションでは、その会社の最上限金利を適用するようにしましょう。

 

借りるお金が本当に今の自分に必要なものか、再度見直すことも重要です。

  • そのお金は本当に借りなければいけないものなのでしょうか。
  • 資産の売却や自己努力で補うことはできないでしょうか。

無理な借入は、今後の将来にも大きな影響を与えますので注意しましょう。