MENU

即日融資の必要書類

即日融資対応ローンの条件のひとつに「必要書類が少ないこと」を挙げることができます。
必要書類が多いということは、書類の確認や審査判断に多くの時間を必要になるため、即日融資対応が難しくなります。

 

利用者側にとっても準備しなければいけない書類が多ければ、それだけ時間を要し「どうしても早急に借りなければいけない」という条件を満たすことが難しくなるでしょう。その点、申込に際しての必要書類が少ないキャッシングやカードローンは、即日融資という条件に最適といえるでしょう。

 

本人確認書類

金銭契約には必ず本人確認書類が行われます。
本人以外の方と金銭契約を締結することのないよう、本人確認は厳密に行われます。

 

提出する書類自体は写しでも可能としている先でも、最近では必ず一度は原本を確認する金融機関も増えてきています。

 

本人確認書類としては「運転免許証」が一般的です。
その他「健康保険証」「パスポート」などでも代用可能です。

 

外国籍の方は「外国人登録証明証」「永住許可証」などを準備しなくてはいけません。
当然これらの書類の有効期限が経過している場合は、無効になりますので注意しましょう。

 

書類に記載されている現住所にも注意が必要です。
引っ越ししてまもなくで、書類の住所変更手続きが完了していない場合には、現住所が確認できる次のような書類を別途準備しなくてはいけません。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 市町村税の納付領収書

 

収入証明書類

審査で最も重要視される「安定した収入」を確認するための書類です。
ただし最近では申込金額などの条件を満たす場合、提出を免除する先も増えてきています。

 

法律上「収入証明書類」で利用者の年収を確認しなければいけない条件は次の2点です。

  1. 新規申込金額が50万円以上
  2. 新規申込金額と他社の借入金額の合計が100万円以上

 

金融機関により異なりますが、このような条件以下の申込では提出が免除される先もあります。主な収入証明書類には次のようなものがあります。

 

源泉徴収票

毎年勤務先の会社から発行されます。
勤務先の社名が押印されていないと無効とする金融機関もありますので注意しましょう。

 

給与明細表

通常は直近2ヶ月分の提出が必要です。
賞与がある場合には「賞与明細表」も準備しましょう。

 

こちらも勤務先の社名が押印されていないと無効とする金融機関もありますので注意しましょう。

 

所得証明書

毎年6月頃市町村から発行されます。

  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書

いずれも市町村役場で発行されます。

 

確定申告書

個人事業主などが必要とされる書類です。
税務署の受付印が無ければ無効とする金融機関もありますので注意しましょう。

 

他にも必要書類が発生することも

キャッシングやカードローンの申込に必要な書類は、基本的に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2点です。ただし審査の過程でその他の書類が要求されることもあります。とくに収入面や勤務先面などの属性が弱い利用者には、それらを補う書類が要求されることもあります。

 

即日融資を希望したとしても、書類が整わなければ審査も前に進みません。
要求された書類は速やかに準備するとともに、審査担当者からの連絡にいつでも対応できるようにしておくことも大切になってくるでしょう。