MENU

即日融資のキャッシングの特徴

「即日融資ならキャッシング!!」
雑誌やインターネット広告などでよく見かけるフレーズです。

 

ところでみなさんは「キャッシングとは何か」ご存じでしょうか。
漠然とはわかっていても、正確に説明できる方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

 

まずは「キャッシング」の仕組みについてよく理解してみましょう。

 

キャッシングとは?

キャッシングとは個人向けの小口融資のことを指します。
小口とはいっても借りることのできる金額は、数十万円単位から数百万円単位、条件次第では1000万円を超える金額を借りることも可能な先もあります。

 

基本的に個人向けですので、法人の事業資金や個人事業主の営業資金としては利用できません。また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されます。
審査に合格すると借入限度額が設定された借入専用カードが発行されます。

 

そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。ちょうど銀行預金口座からキャッシュカードを使用して現金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり、自分のお金を引き出すわけではありませんので注意しましょう。

 

借入限度額の範囲内であれば、基本的に何度でも自由に借入することができます
一度借入限度額いっぱいまで借入したとしても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも追加で借入することができます。

 

キャッシングで借入したお金の使い道(資金使途)は基本的に自由です。
事業資金やギャンブル、投機性資金などの禁止項目に該当しなければ、利用者の裁量で使うことができます。生活費の足し、旅行費用、洋服代、アクセサリーの購入などの様々な目的に使うことができ、また利用の都度キャッシング会社に申告する必要もありません。

 

キャッシングとカードローンの違い

このような性質をもつ個人ローンには「カードローン」があります。
そもそも「キャッシング」と「カードローン」は異なる仕組みの個人ローンです。
その違いは返済方法にあります。

 

「キャッシング」は基本的に一括返済です。
借りたお金は翌月の返済日に、それまでの利息を合わせて一括で返済します。
一方「カードローン」は基本的に分割返済です。借りたお金は毎月の返済日(約定日)に、その時点での利息を計算して分割で返済します。

 

しかし最近の金融業界では、この違いが非常にあいまいになっています。

「キャッシング」と呼ばれる商品でも分割返済が可能になっており、また「カードローン」でも一括返済を行うことが可能になっています。

 

両者を同様の個人ローンとして扱うサイトも多くあり、利用者としては商品の名称にとらわれることなく、商品自体の特性をよく理解して利用するようにしましょう。

 

キャッシングが即日融資に適している理由

急な出費にキャッシングの借入が適している理由は、いくつか挙げることができます。
そのひとつが「無担保・無保証」であるということでしょう。

 

通常のキャッシングは基本的に「無担保・無保証」の個人ローンです。
借入に際して担保を提供したり、保証人を用意する必要はありません。
担保や保証人を準備する必要が無い分、手続きも簡単に進めることができます。

 

必要書類も基本的には「本人確認書類」「収入証明書類」の2点で済みます。
また借入金額次第では「収入証明書類」の提出を免除している先もあります。
これらの書類は比較的簡単に準備できますので、この点も即日融資に適している理由といえるでしょう。

 

担保や保証人が不要ということは、審査側としてもこれらの調査を行う必要が無いということです。そのため利用者本人の返済能力のみを判断することで、審査も複雑な手続きが無くて完了されることができます。そのため審査結果を素早く回答でき、利用者に対して素早い借入も可能になるのです。