MENU

即日融資の申込方法

現在のキャッシングやカードローンには、様々な申込方法が用意されています。
自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できますので、非常に便利です。

 

しかし「どうしても今日中に借りなければいけない」という「即日融資」を条件とするならば、どのような申込方法でもよいというわけではありません。選択した申込方法では、どうしても即日融資が難しいという事態にもなりかねませんので注意しましょう。

 

店頭申込

消費者金融の店頭申込は、ほとんどの先で即日融資に対応しています。

 

一方銀行カードローンの場合には、申込から融資までにやや日数を必要としている先が多くなっています。その場で借入カードが発行されなければ、即日融資は難しいので注意しましょう。

 

消費者金融などでは、申込を行ってから早ければ1時間程度で借入カードが発行されます。
その間、店舗内でじっと待っておく必要はなく、外出して時間をつぶしておけば、携帯電話になどに審査担当者から連絡が入るでしょう。

 

契約後借入カードが発行されると、店舗の脇に設置されているATMやCDでその場で借入を利用することができます。

 

無人契約機申込

消費者金融などで普及している無人契約機も、その多くが即日融資に対応しています。
審査内容に問題なければ、店頭と同様に1時間程度で手続きが完了するでしょう。

 

ただし店頭申込のようにその場を離れることが難しく、じっと契約機の中で結果を待ちながら待機することになります。無人契約機とはいっても、内部はしっかりモニタリングされていますので、不審な行動は慎みましょう。

 

インターネット申込

現在のキャッシングやカードローンで主流となっているのが、インターネットを活用した申込方法です。そのほとんどが「即日融資可能」と宣伝していますが、実際の「借入方法」の選択には注意しなければいけません。

 

インターネットでの申込後の借入方法には「借入カードを使用する」「振込サービスを利用する」の2通りがあります。このうち「借入カードを使用する」場合、借入カードを受け取らないと実際に借入が利用できないことになります。

 

この場合、借入カードの受け取り方法を「店頭」もしくは「無人契約機」と選択しなければ、当日中の融資利用は難しいといえます。借入カードの受け取り方法を「郵送」と選択しないように注意しなければいけません。

 

「振込サービスを利用する」場合では、当日中に融資金の振込が完了することで、銀行預金口座のATMなどから現金を引き出すことができます。ただし金融機関の当日中の振込対応時間は、「平日の14時」がミリットとなっているケースがほとんどです。この時間に間にあうように、申込手続きなどには余裕を持って行うようにしましょう。

 

電話申込

固定電話・携帯電話ともに、即日融資を受ける場合の注意点は「インターネット申込」と同様です。借入カードの受け取り方法、振込サービスの活用方法などに注意しておきましょう。

 

このあたりの対応は金融機関により異なりますので、できるだけ事前に確認しておくようにしましょう。

 

郵送申込

申込手続きを郵送で行う場合では、まず即日融資は利用できません
申込書類が金融機関の審査担当者に到着するには、まず数日は必要となるためです。

 

また審査に合格した後、借入カードの発行にもさらに日数が必要となります。
「即日融資」を条件として希望する方は、郵送での申込は不適切といえるでしょう。